スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選選挙区は自主投票

本日6月4日(火)は朝から大川第一中学校閉校記念誌の発送作業を手伝い、午後からは党県連合の第16回常任幹事会に出席。

 20130604_152638.jpg

 【常任幹事会での三役の様子】

主な議題は参院選香川選挙区への対応でした。

このブログでも2月にお伝えした通り、社民党香川県連合は民主党のうえまつ恵美子氏と政策協定を結び「推薦」を決定していました。

しかしその決定後すぐにうえまつ氏が民主党離党を表明。社民党や連合香川に相談もない突然のことに混乱をきたしました。いったん結んだ政策協定は白紙に戻し、党独自候補擁立も視野に入れつつ、「無所属・うえまつ氏」との再度の政策協定と協議を追求してきました。

社民党としては、連合香川を通じ、またはうえまつ氏本人に対して再度の政策協定締結を申し入れてきましたが、うえまつ氏はこれを断ってきたために、今回の参院選選挙区の対応としては「自主投票」を党県連合として決定しました。

私は当然のことと考えています。連合香川との三者共闘は大事ですが、うえまつ氏は民主党を離党し、政策的視座がはっきりしないなかで、政策協定もないまま支援はできません。反自民勢力の結集も大事ですが、議員としてはことに国政選挙ではかつて衆議院選挙の時も強調させていただきましたように「政策の方向的一致」が大事です。

それがないままで突如、他党とはいえ所属政党を離党した国会議員を応援することはできません。今後は比例区を重点に支援行動を強化していく予定です。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。