スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年度施政方針のなかみ

いわゆる3月議会の会期も決定し、当初予算の議案書など大量の資料が議員控え室に置かれています。これも以前は各議員の家まで職員が届けていたそうですが、そんな無駄なことはせず議員が取りにくれば良いと議会改革特別委員会のなかで決まり、変わりました。小さな変化ですが、大事なことだと思います。

さて、資料の中に市長の施政方針の演説原稿が入っていましたので素早く目を通します。

 20130220_122129.jpg

要点や大事なことはここにだいたい網羅されているし、ちょっぴり隠し味的に将来的な重要事項が織り込まれていたりします。

さらっと読んで気になったところをそのまま抜き出すと

◆若者の定住促進などに関しては、
「結婚定住奨励金を創設いたします。これは、婚姻届を提出した後2ヶ月以内に本市に居住して1年以上定住し、・・・10万円分のさぬき市共通商品券を奨励金として交付する」

◆今後の市役所配置も含めた全体のまちづくりに関しては、
「本市のまちづくりの基本となる総合計画につきましては・・・時期基本構想の策定に着手することとし、アンケート調査の実施など市民のみなさんから意見を聞く取組を進めます」

◆市民サービス向上などについては、
「年度末と年度始めに、・・窓口が混雑することから、本年は3月31日の日曜日を開庁するほか、4月1日から5日までの平日5日間については、業務時間を午後8時まで延長することとしており」

◆災害対策や情報告知などの市民生活に関して、
「音声告知放送については、・・・今後も継続して運用することとしておりますが、・・・システムを変更して新しいい簡易型の機器に取り替えてまいります」

あの「黒い箱」の音声告知機を順次別の機械に取り替えていくようです。

◆子育て支援に関しては、
「放課後児童クラブについては、学校再編に伴う施設整備にあわせて学校敷地内で順次整備しており、今後、大川内区の学校再編にあわせ、整備を検討してまいります」

などについて私は関心を持ちました。

とにかく今はこの配布された議案・説明資料等の膨大な資料を読み込んで研究しています。市民生活向上のためがんばっていきたいです。

しかしそんな時間がないなか、明日2月21日(木)から23日(土)まで茨城県・千葉県に会派合同の視察に行きます。

参加するのは、私と大村一彦議員、中村聖二議員、真部茂議員、、名倉毅議員、木村篤議員、山下きよみ議員、川田れいこ議員の8人です。しっかり先進自治体の取り組みを調査し、後ほどブログで報告したいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。