スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育民生常任委員会(2013年2月)

本日2013年2月5日(火)は朝9時30分からさぬき市議会教育民生常任委員会でした。

まず「保育所再編について」。大川町の松尾分園について、2015年(平成27年)3月31日に廃園とすることが決定しており、昨年12月に保護者を対象に説明をし、了承を得たとの健康福祉部からの説明がありました。今後の主な受け入れ先は富田保育所を想定しているとのこと。

私からは「現在の在園している子どもの保護者の説明は終えたとのことだが、地元への説明を今後いつ行うか考えているか。少なくなったとはいえ、松尾地区で子どもを保育所へ入所させようと考えている世帯はまだある。そこへ情報が早く届くようにしてほしい」と質問要望をしました。

この他の議題としては「さぬき市学校再編計画後期計画について」に関して教育委員会から報告。

1月29日に実施された「学校再編計画検討委員会」(学識経験者1名、保護者代表5名、学校関係者6名、公募による市民2名による計15人で構成)の検討結果が報告され、このなかで先日マスコミなどで報道された志度東中学校、津田中学校の統合断念と、2015年(平成27年)4月をめどに志度、志度東中学校の統合、津田中学校、さぬき南中学校の統合の方向性が明らかにされました。

この検討委員会の報告については後日、市教委のホームページにアップされるようです。

このほか、幼稚園の再編については、当初の計画通り後期計画のなかで長尾幼稚園と造田幼稚園・前山幼稚園(休止中)を統合するものとされています。鶴羽幼稚園と津田幼稚園についても「早期に統合を進めるもの」と報告されていました。

これは検討委員会での検討結果報告ですので、あくまで本決まりではありませんが市教委は今後これの報告をもって具体的な協議を進め、実務を進めていくようです。

この説明に対し私は「中学校、小学校、幼稚園で統合計画が進んでいくことになるだろうが、対象と学校・地域で今後も統合準備委員会を開催することになるのか」という質問に対し担当者から「必要に応じて」との回答がありました。すでに天王中学校と大川第一中学校で統合準備委員会を開催しそれを終了したさぬき南中学校と、現在の津田中学校との統合については「この2~3月中に津田地区で保護者・地域を対象に説明会を予定している。その時にさぬき南中学校は現在すでに統合準備委員会を終えて、制服・校章・校歌などを決定している旨をお伝えしていく」とのことでした。

どんどん学校が少なくなることについて、市民から不安の声が聞かれます。少子化であるから学校の統廃合は一定やむを得ないとの考えも理解しますが、学校の統廃合(遠隔化)がなお一層さぬき市の少子化、人口減少、子育て世帯の流出につながらないかと危惧がされます。実際に他の委員からもそういう不安の声があがっていました。少なくなるから減らすという「だけ」の考えにストップをかけていきたいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。