スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊賀市議会に

9月3日(月)は三重県伊賀市に電撃訪問。学生時代からの同志である稲森としなお議員を尋ねました。

 20120904_103204.jpg

【写真は伊賀市議会の様子。段差がなく、さらにはさぬき市議会よりかなり狭いです】

伊賀市議会は「議会改革先進地」として全国でも大変有名でしたが、現在、副議長選挙にからみ副議長と議員(いずれも現職)が逮捕され議員辞職を申し出ている、また市長が土木業者と旅行に行き癒着が取りざたされるなど、残念な状況にあります。

これに対し、稲森議員は、議会内でまさに孤軍奮闘、真相究明を求めるとともに表面だけの議会浄化決議だけでなく、これまで議長選挙など役選にからんで行われてきた悪い実態の根本原因などを明らかにするよう本会議で起立し発言していました。

これってナンデモないように見えますが、同じ1年生議員の立場、そして同じ社民党議員の立場から言わせてもらえば、本当に勇気が必要なことなのです。その姿を見ただけでも大いに勉強になりました。

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。