スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月臨時議会

本日3日(金)はさぬき市議会臨時会でした。

主な議題については次の通り。

議案第70号 さぬき市健康生きがい施設の指定管理者の指定について

長尾のツインパル長尾の再開についてです。これは建設経済委員会に付託され、審議されました。傍聴として聞いておりましたが、さぬき市SA公社に委託することとなり、設備の修繕などをしていくようです。更衣室ロッカーに故障が多く、やりかえるそうですが、これに数百万円かかるとのこと。高すぎるように思いました。

またレストランは再開しても当面営業しない、プールは7月から8月期だけの営業を考えているとのことでした。体育館は利用可能とするようです。

いずれにせよ副市長いわく「普通に運営して年2800万程度の赤字は出る施設。公社の黒字の範囲内で営業せざるえない」とのことで、私が以前にブログで書いた通り、マッチポンプというかんじがいたしました。

議題71号 工事請負契約の締結について(平成24年度中央・小田・鴨部統合小学校改修工事)

7社参加の一般競争入札の結果、穴吹建設が4億7985万円で落札しました。図面については写真の通り。

  画像-0520

文部科学省の国庫補助を活用しての校舎の改修となります。

そして、今回は国方議長の「一身上の都合」による辞表提出で、改めて議長選挙が行われました。投票の結果、間嶋三郎議員が14票、白票が7票で、間嶋議員が議長に就任されました。

私自身、以前にもブログで書いた通り、議長任期については現在の1年交代よりは少なくとも委員会任期の2年、場合によっては議員任期の4年でもいいと考えています。市長さんの任期は4年、その対をなす二元代表制の一翼たる議会がその長を1年で交代させ続けて、議会の権能が高まるとも思えませんし、特に議会改革を進めるにあたって、その役割は大きなものがあります。国方議長は議会改革に大変理解のある方であっただけに辞職は残念でした。しかし本人の選択の結果ですのでしょうがないことでもあります。

今回の議長選に絡んでマスコミの方に意見を求められました。ひょっとしたら明日の朝刊に掲載されているかもしれません。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。