スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月定例会が閉会

本日26日(月)はさぬき市議会3月定例会が閉会日でした。

議事として、総務、建設経済、教育民生の各常任委員会から当初予算以外の審査結果について報告があり、これについて採決がされました。

そして次に今回から試験的に設置された予算特別委員会の審査概要について多田照男委員長から報告。私が指摘した内容についても報告に盛り込まれていました。そして採決。

伊賀市の稲森としなお市議は、この3月議会では当初予算や介護保険料の値上げについて異議を唱え、反対討論をしたうえで当該予算に反対したそうですが、私の場合は今回、特に対決する予算案もなかったことからすべて原案に対して賛成しました。しかし、稲森市議のように大勢のなかで反対討論をするというのはすごいと思いますし、まず反対討論の原稿を書かなければならないのでそれが大変だろうなと思いました。議員というものは一定、向こう意気と鬼の度胸が必要なのに私にはまだまだそれが覚悟できていないなと思いました。

さらに議事としては、教育委員会2名の人事同意があり、現在の安藤教育長ともう1名の人事が賛成多数で同意されました。同意された委員さんには決して育鵬社の教科書を選択するようなことだけはしないでいただきたいと思います。

さて、閉会後、全議員で記念撮影をしました。中澤議員がいなくなったことはさびしい限りですが、残された議員は市民の生活を守るためしっかりがんばっていくのみと考えています。

閉会後は、党県連合へ行き簡単な打ち合わせと事務仕事。そしてその後マリンパレスさぬきで自治研セミナー。地方分権一括法による地方自治体への業務移管などについて研修を受けました。

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。