スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市政懇談会

 sichokondan1.jpg

25日(火)は19時から市役所会議室で市長による市政懇談会が開催されました。

案内の対象は各支会の会長、副会長さんと市議会議員のようです。一般傍聴の方も来られていました。ちなみに市議会議員で来ていたのは国方議長をはじめ12人でした。市長の市政に関する話は正直、市報を読んでいれば知っているような中身で面白くなかったです。ただ「新しい公共」を育みたいという意識は強いようで、行政マン出身としてのセンスは垣間見れました。

住民からの意見からで印象に残ったのは松尾支会の方が要望されていた「小池の管理」についてです。市内にある小さな池、もう所有者も管理者も現地に住んでいない、所在が分からなくなっているような小池の管理の問題が重要となっています。台風の時や地震の時、周辺の住民に被害を及ぼす可能性大なので、住民から市に管理してもらいたいとの要望が多いようですが、空き家対策と同様、予算面と所有権の問題で難しいとのこと。

やはり国や県の今後の「過疎化しつつある自治体」にたいする施策を要望しなければ、私たちの生活が困ります。本当の地方主権、到達はまだまだ遠いようです。

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

太字の文結構遅くまでやりましたね。
貴殿は議員席だいぶ前で熱心に聞かれていましたね。
私は石田副支会長として出席していました。デジカメバシャ!バシャ!が私です。小池はついつい無視されそうですが溜め池王国に恥じない対応をお願いしたいですね。^^

>キムリン様

いつもコメントありがとうございます。私、この時は珍しくメガネかけていたのですが分かりましたか。教会の教区をもとにした西欧型の「コミュニティ活動」と日本の地縁式「自治会活動」では自ずと役割も性質も変わってくると思います。ただ困っている人を放置していては、公共の意味がありませんから、個と公と社会、というものをしっかりと考えて再定義していくことが今後、地方でも求められるし、議員がその活動の中核にならなくては、と思っているところです。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。