スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各委員会の審議が終了

4日(月曜日)は総務委員会。私は傍聴として参加。早々と審議終了かと思いきや、多くの議題で討論が沸きました。

特に議論が集中したのは「さぬき市地域まちづくり活動事業」の問題とさぬき市コミュニティバスの路線廃止の問題、そして光ケーブル敷設とさぬき市ケーブルテレビの民営化方針の問題でした。

「まちづくり活動事業」は大山市長の選挙時のマニフェストでもあり、12月議会で基金が決定した事業です。具体的中身としては、さぬき市の連合自治会(支会)に対し、まちづくり活動事業(たとえば歴史・文化を継承するイベント、環境保全事業、避難所の整備改修)などの企画を要請し、支会を通じて応募させ、市が審査したうえで、1支会1000万円程度の基準額で、世帯数に応じた額が加算され、支給されるということです。

もちろん応募した事業内容が市の審査に通過しなければならないのですが。公平・公正という意味ではこのシステムがいいでしょうが、企画をあげろと言われた支会はどう集約すればいいのか困惑する場合もあるのではないのでしょうか。

バスとケーブルテレビの問題もいろいろ今後慎重な検討が必要な課題です。社会新報号外などをつくって、皆さんに配ってお知らせしたいです。

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。