スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回 県平和友好祭典

土曜日は香川県平和友好祭典に参加してきました。今年で47回目を迎えるこの集会には50人を越える青年女性が参加しました。

IMG_6305.jpg

今年は高松空襲を語り継ぐ会の岡田昌子さんから講演を受けました。「戦争は一晩にして起きるのではなく、ちゃくちゃくと準備が進められてから起る」というのは印象的です。

戦争が始まるときには、すでにもう反対できないような世論状況が作られているのです。

社民主義はそのような閉塞を生み出す「思考停止」状況と対極の思想です。

日常的に世界的に市民と結びつき、対話のなかで現実的利害調整・平和安全保障を構築することが社民主義の平和運動です。

かのジャン・ピエール・シュヴェヌマンも、「議論こそ民主主義の基本。議論なくしては民主主義の継続と発展はない」と述べています。

しかし、私たちは職場で隣の席の人ともまともに対話せずに日々を過ごしてしまっている。隣の人がどう考えているかなんて、全く無関心で生活している。

そんな現状に問題を感じました。

夜は遅くまで若い仲間たちと語り合うなど、有意義な祭典となりました。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。