スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴重な逸品をいただく

先日、高松総支部の会議にオルグで参加したときに、西部支部の中野斉さん(元国労四国地本委員長・がんばれ社民党OBG香川の会会長)から、こんな貴重でステキなものをいただきました。

  201003291639000.jpg

日本社会党委員長にして、私の母校・早稲田大学の先輩でもある浅沼稲次郎さんの「最後の演説」のレコードです。浅沼委員長が右翼のテロに倒れたときの演説会の模様を収録したものです。

裏面の追悼文は江田三郎さんのものとなっています。

このレコードをおさめていた袋がまたリアルで大変素晴らしいです。

  201003291640000.jpg

今の民主党では「右翼のテロ」に本気で狙われるような指導者は一人もいないでしょう。右翼もやりがいがなくて困る(対決軸のない・避ける)政治構図になってしまって、おかげでこんな新自由主義の跋扈を許した現状があります。
歴史は繰り返すといいますが、同じ事を繰り返すのではなく、らせん状に繰り返していくと思われます。その時をめざしてひたすら活動を続けていきます。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。