スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県議会代表質問

昨日は、第6次党勢拡大運動の準備や党大会の準備でてんやわんや。まだ代議員報告していない所は早急に報告してください。

さて、昨日は大村一彦さぬき市議会議員から、「1月22日の新聞で、子ども手当てをもらえる人が地方自治体にそれを寄付できるというような制度が予定されていると報道されていたが、そんなの法案に盛り込まれているのか?」といったご質問を受けて慌てました。さらには「法案ってパソコンで見れるの?」と質問されて二重の慌てました。

たしか、法案は内閣府か、衆議院のHPで見れたような・・・、と思って検索したらありました。でも法案読んでもそんな記述あるのか・・?といった感じ。

とりあえず、「法案の中身はよく分からないけど、文章はこのHPに掲載されてますよ」と教えてお茶を濁しました。ついでに、「こういうのは県会議員に聞いたほうがいいですよ。高田さんとか梶さんが詳しいかと。お二人とも県庁の後輩だから聞きやすいでしょう?」と今後の事も含め「仕分け」を行いました。


実は、そんなに新聞を深く読んでいません。テレビも全く見ないので、知らないことも多いです。といいますの、とにかく時間がないのです。僕は朝は7時20分に家を出ますので、朝は6時30分に毎日起床しています。朝、家で新聞を読むのは10分あるか、ないか。党でも事務仕事に忙殺されていますので、新聞に全く触れない日も多いのです。

よって、普通の人が知っている情報も知らない事が多い。

議員は、毎日わりとゆっくり新聞読む時間があるので、(朝10時開会で、毎日議会あるわけでもない)、しかも、政策審議が仕事ですから、当局とのやりとりも含め、必然的に政策知識は豊富になる条件があります。

もともと知識の蓄積と研鑽は好きなので、そういった環境に自分もそろそろ移ろうか、と思う今日この頃です。

話は変わって、25日は県議会代表質問。砂川保県議が社民党を代表して質問します。

何の脈略もありませんが、(高田県議のブログの真似)県議会の社民党控え室のソファ。ヒグマも座れそうなほどデカイ!

201002221414000.jpg

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。