スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続報!稲森選挙

この連休は、金曜日はまいだ行動に参加してきましたが、後の土日は家で過ごしました。

さて、三重県伊賀市からは続々と情報が流れてきます。

予定通り、東京のいしあい同志、千葉の亀井同志が応援に駆けつけたほか、高槻市の川口洋一市議、そして京都府向日市のあすかいけいこ市議も駆けつけ、かなり濃い応援をしていったそうです。

土曜日には福島みずほ党首も応援に。あおとさんの動静はいかに!?

候補者はもうすべてやりつくしたと言っていいほど奮闘しました。

まだ社会的経験も浅い、25歳の青年ですが、同年代の若者にこれだけの行動力と政治センスを持った者は少ないでしょう。

彼は18の時から社民党員でした。

普通の18歳の大学生は、楽しくサークル活動でコンパしたり、旅行に行ったりするのが普通でしょう。

でも彼は大都会の駅前でなかなか受け取ってもらえないビラを配り、あまり聞いてくれない演説をハンドマイクで滔々と、一人で2時間も続けてやっていました。

真冬の寒いなか、真夏のあついなかでも、やっていました。

そしてのその間、彼はずっと「社民党」の旗を背負い続けていました。「無所属」ばかりが広がる中、彼は決して自分の党派を隠そうとせず、その看板を大きく掲げてきました。

そして彼はそんなこと全てひっくるめて一回も「辛い、嫌だ、逃げ出したい」なんて言ったことがありませんでした。

なんだかんだと結局は、楽しそうにやってのけるのです。

まさに彼のセンスです。このセンスを生かすことが党のためになると僕は信じています。

この選挙は、稲森としなおにとっても大きな関門ですが、社民党の未来にとっても大きな関門です。

ぜひ当選の一報を期待して、今日の夜を待ちます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2925票、稲森としなお・トップ当選

三重県伊賀市議選に社民党公認で立候補した青年、 稲森としなお(25)さんが当選を果たしました。 伊賀市の有権者のみなさま、 ご支持を頂いた民主党のみなさま、 ご推薦を頂いた連合伊賀のみなさま、 そして稲森さんを支えていただいた多くの方々に御礼申し上げます...

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。