スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般質問しました!(2014年3月定例会)

6日(木)は朝9時30分からさぬき市議会の代表・一般質問でした。私は代表、一般ふくめて6人目に登壇。時間的には14時30分過ぎだったかと思います。

 IMG_20140306_173453.jpg

初当選以来、すべての定例会で一般質問を通告、登壇してきましたが、今回は1項目のみの通告。もちろん一問一答制で通告しています。

「さぬき市の特色ある子育て支援策について」(抜粋まとめ)

(質問)昨年2013年(平成25年)県政世論調査によると「子育て支援社会の実現」が他の福祉施策に比べて高い比率で望まれていることが分かるが、なぜこの施策が望まれるのか市長の見解を伺う。

(答弁)さまざまな社会環境の変化の中で、子育て世代の支持を得たものと考える。

(再質問)そうではない。回答者の年齢構成や政策別項目の支持者数からして「子育て世代」以外の世代の多くが子育て支援社会の実現を望んでいることは明らかになっているが認識は。

(答弁)認識を改めた。子育て世代以外の方がたにも望まれている政策であることが分かる。

(質問)さぬき市の将来の年齢別人口構成を鑑みれば、財政運営や介護基盤の面から考えても大都会よりむしろ展望が見える。しかしそれは「子育て支援策」などで特色を持って取り組み14歳以下人口の減少を歯止めることができればの但しが前提だ。こういった意味での「子育て支援策」に重要さについて市長の認識は。

(答弁)重要な施策と考える。他の福祉施策とのバランスを見ながら取り組みたい。

(再質問)本市の子育て支援策のなかで特色あるものをあげていただきたい。

(答弁)発達障がいの支援については先進的と考えるが、他の施策事業は近隣自治体と比して優れているとはいいがたいかもしれない。しかしこれを維持して継続することが必要と考える。

(再質問)現在、市では子ども子育て会議を設置してニーズ調査などもとづき新たな計画を策定していると聞く。ニーズ調査の結果をぜひ具体的に施策に反映してもらいたい。同僚議員の質問にも「子どもは宝」という言葉があった。宝を大事に、さらには他に逃がさないよう意識してほしい。

(答弁)本市の将来設計にかかわる部分であり、具体的に検討していきたい。

(質問)子育て支援策は福祉施策だけではなく、学校教育も包含する。特色あるさぬき市の学校教育とした場合に何を考えているのか。私見として土曜授業を始める自治体もあると聞くが、それにより本当に子どもの人格形成向上が為されるのか疑問である。地域と学校と家庭が協力して子どもの教育にあたることが必要と考えるが、具体策があれば教育長において答弁されたい。

(答弁)市内の小中学校それぞれで特色ある教育、地域に根差した教育が展開されており、これを発展させる形で本市の教育行政を充実させたい。

と、このような内容でした。とりあえず大山市長に県民市民の子育て支援策充実に関するニーズに対する認識を改めてもらったのは成果かなと考えました。今年はこの「子育て支援策」の充実にテーマをしぼって議会活動に取り組みたいです。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。