スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平田オリザさん講演

20日(土)は朝10時から高松市まなびCANで、自治研センターの「新しい広場をつくる」研究集会に参加して勉強しました。

 IMG_20150620_101045.jpg

講師に演劇家で元内閣官房の参与もつとめた平田オリザさんを招き、まちづくりや教育と芸術の関係、新しい公共の創出に何か求められるのか、などなどお話を聞きました。

平田オリザさんは私が早稲田大学第一文学部の学生だったときに早稲田大学で客員教員として講座を持たれており、たいへん有名な方でありました。ただ演劇など芸術にとんとうとい田舎者の私は当時、平田さんがそんなに有名だとは知りませんでした。でも同じ歳の東京の某有名進学校出身の同級生は知っていた・・・。

これはまさにこの日、平田オリザさんが語った、広がる都市と地方の教育の格差は文化資産の格差、という指摘そのものだと実感しています。勉強と部活とテレビとマンガだけを日常生活の「教材」として成長してしまうと、大都会の名門大学を出ても、ハイグレードな職についても、人生の教材の基礎が「それだけ」では伸びしろが少ないのです。審美眼や味覚、知覚を研ぎ澄ませることができる基礎をつくる体験。子ども時代に必要とされる生きる力の源泉はそこにあるのです。

このほかにも街づくりの施設策定にかかわったお話を聞かせていただき参考になりました。

この日は14時から日教組香川の定期大会に党代表で参加し、ごあいさつをさせていただきました。
スポンサーサイト

2期目送り出していただきました。

26日(日)は夜9時から私の選挙事務所で「開票をみまもるつどい」。

結果、1186票をいただき、22人立候補者中、10位でふたたび市議会へ送り出していただきました。

IMG_20150426_232559.jpg

写真はNHKで当確が出た様子。

公約を果たすべくしっかり2期目にむけて身がひきしまる思いがしました。

今回の市議選で、同じ社民党会派の大村一彦さんも再選。社民党2議席を確保できました。一方、初議席に臨んだ共産党候補は落選。これで3度目の共産党の挑戦でしたが、かなわなかったようです。

全国的には共産党が躍進、社民党が後退という統一地方選の状況でしたが、さぬき市では、市民のおかげで社民2議席を確保させていただきました。

コトデン長尾駅前ニュース配布&一般質問まとめ

16日(木)は、朝6時50分からこれも毎月恒例のコトデン長尾駅での議会報告ニュース配布行動。

 IMG_20150416_065123.jpg

この長尾駅にも4年間、毎月ビラ配布で立ち続けました。利用者も様変わりしてきましたが、多くの勤労者・学生が利用しています。親しく声をかけていただくことも増えました。ありがたい限りです。

話は変わりますが、私のこの4年間16回の一般質問の項目を掲載します。多岐にわたり、多くのみなさんのアドバイス等を受けつつ質問を作成してきました。

【これまでの多田ゆうへいの議会質問】

◆2011年6月定例会 
①地域防災のありかたについて ②公立学校再編と耐震化対策の現状について
③電力の入札制度について ④さぬき市における嘱託職員の雇用状況について
◆2011年9月定例会
①さぬき市合併10周年事業について ②さぬき市新市民病院建設について ③さぬき市職員等のメンタルヘルスと定員状況について ④地方交付税削減の動きについて ⑤さぬき市の政策発生源、庁議の議事について ⑥学校事故への対応マニュアル作成について 
◆2011年12月定例会
①ゴミのポイ捨て、不法投棄について ②職員の定数と新規採用に関して ③不登校児童・生徒への対応について
◆2012年3月定例会
①今後のさぬき市の行政基本方針について ②自殺者対策について ③庁議の公開について 
◆2012年6月定例会
①市役所の労働安全衛生について ②「住民生活に光をそそぐ交付金」の使途と今後の活用方針
③休日開庁の総括について
◆2012年9月定例会
①子どもの人権を守るための施策について ②住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度、
③消費税増税が自治体の税収に与える影響について
◆2012年12月定例会
①公共交通利用促進について ②高校生への定額交通費補助制度の創設について
◆2013年3月定例会
①政府の地方交付税削減 ②障がい者の法定雇用率達成について
◆2013年6月定例会
①市長の政治姿勢について(道州制について)②市業務継続計画について ③市役所の平日開庁時間延長と休日開庁の総括について
◆2013年9月定例会
①さぬき市財政健全化策(素案)について ②子宮頚がんワクチン接種後の副作用への対応について
◆2013年12月定例会
①さぬき市の奨学金制度について ②さぬき市のIT戦略について
◆2014年3月定例会
①特色ある子育て支援策について 
◆2014年6月定例会
①交流人口増をめざす考えについて ②休日開庁の変更について ③公共施設マネジメントと住民
福祉について ④障害者差別解消法の成立と自治体の今後の取り組みについて
◆2014年9月定例会
①市役所庁舎のありかたについて ②災害時の職員配置について
◆2014年12月定例会
①来年の市役所休日開庁の実施方法について ②市内小中学生の学力習熟度向上策について
◆2015年3月定例会
①市奨学金制度の改善について ②市役所庁舎配置の今後について ③市現業職員の賃金改善について

この任期で市長に対して詰めきれなかった項目もあります。次の選挙で送り出していただければ、もっと深化させた質問をぶつけていこうと決意を新たにしています。

ご挨拶まわりに

13日(月)は朝からさぬき市内外の砂川たもつさん支援をお願いしていた企業や団体をまわり、選挙結果の報告をしてきました。残念な結果ですが、気を引き締め直して市議選では必ず勝利したいです。

 IMG_20150407_161629.jpg

写真は選挙公報のゲラ。19日からの選挙期間中に各家庭へ配布されますので皆さんぜひご注目を!!

先般の投票日、全国的には嬉しいニュースもたくさんありました。

早稲田大学の先輩であり、政治活動の師である「亀井たくま」千葉市議会議員が2期目の勝利を勝ち取ったほか、学生時代からの盟友である「稲森としなお」伊賀市議が、三重県議選に社民党推薦無所属で出馬し、見事当選を果たしました。31歳です。そして福岡県では旧知の「佐々木まこと」田川市議も社民党推薦で県議選に出馬し、定数1を自民党候補と競り合い、僅差で勝つというとんでもない快挙を成し遂げました。

若手が気概を見せ、反転攻勢にかかりたいです。

香川県議会委員選挙の投票日

12日(日)は、香川県議会議員選挙の投票日でした。

丸亀市選挙区では社民党公認の「米田晴彦」さんがトップ当選。しかし東かがわ市選挙区では「砂川たもつ」さんが次点で及ばずと口惜しい結果に。

しかし、負けたことを教訓に、取り返すためにも次へ立ち直っていきたいです。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。