スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育民生常任委員会(2012年9月)

9月24日(月)は、朝9時30分から教育民生常任委員会でした。

今回の主な議題としては

〇大川第一・天王統合中学校建設工事の工事請負契約の変更について

〇富田小学校・松尾小学校の統合小学校基本計画の説明

〇長尾中学校校舎改修工事(改築)について

などがありました。

 20120924_144009.jpg

 【富田・松尾統合小学校の改修イメージ図案】

小学校の統合計画でいえば、現在は計画中ですが南棟西側にエレベーターを設置するのと、現在の自転車置き場にプールを新築する、また、現在の技術教室は「児童クラブ」(放課後児童クラブ??)となるようですし、現在のテニスコートの場所に統合幼稚園を建設する予定だそうです。市民の疑問やご意見をいただきたいところです。

統合中学校の建設にかかる変更については、現場の先生方に意向を聞いての変更による増額修正がなどが多々ありましたが、問題点として、理科教室や技術教室などの特別教室の机の購入を当初予算に入れていないという教育委員会の失態が明らかになりました。資料もお粗末で、間嶋議長からも教育委員会に対し厳しく注意がされていました。

私としては、新しい学校建設で大事なことは現場で働く教員と子どもたちの意見を丁寧に聞いたうえで、まさに「みんなの学校」を創り上げていくという作業は必須であると考えています。

ですから当然その過程で、改修や設備変更などがあり、増額修正となってもある程度はしかたないと思っていますし、必要があると考えています。その「程度」の妥当性については、学校教育の本旨や他の自治体の学校設備状況などと照らしわせて設定されるのが当然です。

今回、設備変更へ「グラウンド用散水設備」が追加され、千万円単位での増額修正が出ていたのに対し、他の議員から「本当に必要なのか、他の学校にないではないか。昔はホースで水を撒いていたではないか、教育の現場が利便性だけ求めていいのか」という意見も出ていました。

確かにそう思います。ただ、近年の熱中症対策として(気象の変動も考慮にいれた)や、他県の自治体の公立学校の状況を考えると一概に否定されるものではないと思います。

私は委員会質疑で、①現在の2つの中学校教職員との意見交換をいつどのような形でおこなったのか、②現場からの要望に対し、できないという要望についてはきちんと学校側にその理由を説明したのか、要望を出した先生まで説明が届くような配慮をしてほしいと発言しました。

危惧するのは「どうしてあの要望が通って、この要望が通らないのだ。この要望のほうが費用もかからないし、効果があるのに」という意見に対し、説明がされないまま設備変更が決定し、予算執行がされてしまうことです。すべての意見を盛り込むことは不可能ですが、要望の取捨選択の考え方の具体説明が現場に対して行ってほしいです。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

いつも市制に対して熱心な活動お疲れ様です。
分かりやすい議会の報告を拝見させて頂きました。
ただ非常に残念な事に、放課後児童クラブに?マークが2個も付いていたことです。まさか、知らないということはないですよね。子供を育てながら仕事をする母親は、非常に驚きと残念です。

コメントありがとうございます。

拝見いただきありがとうございます。

放課後児童クラブを知らないわけではありません。紛らわしい書き方してすいませんでした。

図面でこの場所に放課後児童クラブを設置するのか??という意味で書きました。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。